menu

札幌市の西区・東区・手稲区・中央区

元町保育ルーム

鬼はそと!福はうち!

setubun3setubunn2setubunn1

猛吹雪でどうなるか心配された二月のスタート。

みんなが楽しみにしていた【豆まき会】がありました。

 

この日のために各クラスでは、年齢に合わせて工夫された鬼のお面や豆入れを作り、準備してきました。

大きいクラスの子は、前年度の豆まき会に現れた鬼を思い出し、ドキドキしていたことでしょう。

 

らっこ・ぺんぎん組では、お豆の製作をしたあと、模造紙に描かれた等身大の赤鬼に向かって豆まきをしました。とってもかわいい赤鬼さんなのに、大きな声で泣いているお友だちもいました。

あざらし組では、段ボールに描かれた赤鬼を的に、輪投げをして遊んだあと、みんなの前でお面を被った保育士に向かって豆まきをしました。確かに保育士なのに、硬直して一個も豆を投げられなかったお友だちがいました。

いるか・くじら組ではゲームや、鬼を的にしたボウリングで楽しんだ後、突然現れた大きな鬼に向かって、必死に豆まきをしました。「すぐ弱ったんだよ」と誇らしげに話していたお友だちがいました。

 

それぞれのクラスで汗をかきかき楽しんだ後は、幼児さんは豆のお菓子、乳児さんは卵ボーロを、年の数だけおいしく頂きました。節分が過ぎると、暦の上では春になるそうですが・・・札幌ゆきまつりが始まります。

北国に春が訪れるのは、まだまだ先のようですね。